円と直線のみで描かれた図柄は、最小限の要素で可能性を探る試みであり、また、限られた中でも十分楽しむことができるというメッセージでもあります。多くのものが溢れた時代だからこそ、何が必要なのかを今一度考えるきっかけになれば嬉しいです。