English

研究本部 開発日誌

"夏のsteteco日記"エピソード公開中!

Facebook 、 Twitter公式アカウント開設を記念して、プレゼントキャンペーン 夏のsteteco日記を開催!

 

みなさまからお寄せいただいている“夏のsteteco日記”エピソードを公開中です!

詳しくはこちらから→http://www.steteco.com/cpn/2011ss/index.php

 

くすっと笑えるお話から、ちょっと涙ぐんでしまうお話など、たくさんのご応募ありがとうございます!キャンペーンは2011年8月18日から9月19日まで!

 

文章を書くのが苦手な方も、お得意な方も、夏休みに日記を書くように、エピソードを書いてみませんか。 素敵な夏のsteteco日記をお待ちしております! 引き続きご応募下さい。コメントの投稿もぜひご参加下さいませ!

 

商品

steteco.com|ステテコ研究所は、コミュニケーション・サービス「Twitter」と世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)である「Facebook」に、公式ページを8月18日に正式オープンいたしました。

今後は「steteco」をキーワードに世界の人々とのコミュニケーションを目指します。

 

「Twitter」、「Facebook」の公式アカウント開設を記念いたしまして、"プレゼントキャンペーン 夏のsteteco日記を開催中!(2011年8月18日から9月19日まで )

ぜひふるってご応募下さい!

今後もsteteco.comでは「Twitter」と「Facebook」でご参加いただけるキャンペーンを企画中です♪ お楽しみに!

 

◆steteco.com公式Twitter公式アカウント

@stetecocom

◆steteco.com公式FacebookページURL

http://www.facebook.com/steteco

 

 

太公良さんインタビュー(2)

[Art&Steteco PROJECT]参加アーティスト・インタビュー<第3弾> 

[TAKORA] ヴィジュアルクリエーター・太公良さん

 

___プラスプロダクトとして、今回はステテコ生地を使ってナップサックを作っていただきました! 完成したナップサックを見た時、素直にかわいい! と思いました。ちょっと大きめなフォルムと今回の柄がとても合っていますね。表地と裏地の色味も素敵です。プラスプロダクトでどうしてナップサックを作ろうと思ったのでしょうか。

 

TAKORA_sanweb_Interview6.jpg

 

打ち合わせの中で色々な案があったのですが、ステテコは旅先で穿くのにいいなぁ?と思っていたので、旅行で合わせて使えるものを作ることにしました。ある程度荷物もはいって、小さくもなる感じがとても気に入って、ナップサックに落ち着きました。

 

生地が薄いので強度を出すために2重にすることにしたんですが、steteco.comさんの持っている単色のもの(生地)と表の柄がうまくマッチして素敵な着地点になったと思います。中を見た方はきっと「わっ」と思って下さるはずです。

それにちょっとした事ですが、内側に小さなポケットもついています。

 

___ちょうど携帯電話や定期を入れるのに、いいサイズのポケットですよね!

 

有難うございます。ポケットも口に近い部分に付いているので、物を入れてもその重さでたるまないような工夫もしています。

 

___ナップサックってなんだか懐かしいなと思ったのですが、ステテコとナップサックの組み合わせって言葉にインパクトがありますね。

 

そうですよね(笑)どちらの言葉も古くさい印象なので、このプロジェクトを通して+イメージの響きになってくれたらいいですよね。

 

TAKORA_sanweb_Interview5.jpg

 

___今回のステテコやナップサックのおすすめの着こなしとか、こんなシーンで着て欲しいなどはありますか?

 

先ほどお話した夏のイベントや、山や海、旅の中で使ってもらえればと思います。肌触りもよく、速乾性もあるので夏の色々な場面で活躍してくれると思います。是非、部屋着だけにとどめず、外で使ってください。皆さんが歩く宣伝マンです。(感謝!)

 

TAKORA_sanweb_Interview4.jpg

 

___最後に今回初めて[Art&Steteco PROJECT]にご参加いただきましたが、今後こんな事が出来たらというアイデアがありましたら、教えて下さい。

 

ステテコだけではなく、近年はアンダーウエアも派手でおしゃれなものが増えていますよね。レギンスや、スパッツが男の子にも流行っています。[Art&Steteco PROJECT]でも、夏モノだけではなくて、秋冬モノも作ることが出来たら、1年を通してsteteco.comが楽しめて嬉しいのになぁ〜と思いました。

 

___太公良さんの柄で、steteco.comで展開しているMomo-hiki(モモヒキ)があったら素敵ですね! 

 

良いですね!今回のステテコの下にモモヒキを履くスタイリングだと、春/秋などの季節の変わり目もsteteco.com流のおしゃれができますよね。

 

___そうですね。 そうしたら、1年中ステテコを活用できそうです!

なんだか、新たな作品も生まれそうです!

 

今日はお話をたくさん聞けて楽しかったです。どうもありがとうございました!

 

太公良さんとのコラボアイテムは、steteco.comのオンラインショップで絶賛販売中。steteco.com TOKYO LABO エキュート東京店OSAKA LABO ルクア大阪店、または全国お取扱い店でもお買い求めいただけます。遊び心のあるステテコをぜひお楽しみ下さい!

 

太公良さんインタビュー(1)

[Art&Steteco PROJECT]参加アーティスト・インタビュー<第3弾> 

[TAKORA] ヴィジュアルクリエーター・太公良さん

                TAKORA_sanweb_Interview1.jpg

[TAKORA]は、太公良さんが描く[grAphictAkorA]のアートワークと企業の持ち味を掛け合わせて生まれるプロダクトラインです。手にする人が感じることで、無数の物語が紡がれていく太公良さんのポップな世界は、国内外のクライアントに提供され、ファッションアイテムから紙媒体まで幅広い活動の場を得ています。

 

2011年の[Art&Steteco PROJECT ]に参加していただいたアーティストさんの方々へのインタビュー第3弾は[Art&Steteco PROJECT ]に今年初参加となるヴィジュアルクリエーター・太公良さんです。どうぞ宜しくお願い致します。

 

___太公良さんはsteteco.comのことはご存知でしたか?

 

2008年頃、ファッション関連の仕事をしている友人がsteteco.comの大ファンで、ステテコの良さについて力説された事がありました。「ステテコが普段着?!」ってことに驚きつつ、さっそくsteteco.comのサイトをチェックした事を覚えています。

 

___ steteco.com設立当初くらいからですね! 

 

そうだったんですね。その後コラボラインでenamelさんがやってるのを見て、「こういう流れもあるんだ〜」と思っていました。

 

___そうだったのですね。太公良さんとのコラボレーションは今年が初めてですが、ご存知だったsteteco.comからオファーを受けた時はどんな風に思われましたか?

 

そのsteteco.comをすすめてくれた友人がかねてから「太公良さんの柄があったらいいのに。」と言ってくれていたので、オファーを頂いた時は「友達に喜んでもらえるな〜!」と、素直に嬉しかったです。

 

 ___ありがとうございます!そう言っていただけて嬉しいです。

 

布ものを作るのは楽しいですね。日常的に身につけるにものなので、グラフィックを一番体感できるからかもしれません。

 

___コラボするにあたってサンプルのステテコをお送りしましたが、ステテコを履いてみたときの印象はいかがでしたか?

 

 肌触りがひんやりすると思いました。正座をしたり、あぐらを掻いたりすると、膝裏の汗を不快に感じますよね。それがあんまり感じ無いクレープ生地って、すごく良いと思いました。夏に、おじさん達がスーツの下にステテコを履く理由がようやく理解できた感じです。体感したモノの良さって教えたくなるので、周りには「機能的に癖になる感じだから、気になったら買ってみて!」とすすめています。

 

___ありがとうございます(笑)普段から愛用していただいていて、おすすめもして下さっているのですね。

 

___今回のプリント柄についてですが、作品(商品)の柄を見たとき、色の組み合わせがPOPで、かわいらしく物語性をとても感じました。 今回のアートワークのテーマ[NIce to meet U!ー出会いを楽しむ瞬間]はどんなところから生まれたのでしょうか。

 

steteco.comさんとのお仕事は初めてなので、『はじめまして』の意味を込めて、何かが出会う瞬間を描いてみました。それぞれのアートワークには、こちらからこれだ!というストーリーを詰め込んではいないので、お客さんには自由にお話を感じてもらえれば、いいなぁ〜と思っています。

よく見てもらうとお話のガイドになるようなエレメントは用意してあるので、それをきっかけに色々想像してみてください。

 

___アートワークから色々想像出来るって事ですね!確かにステテコの柄を見ると色々な物語が想像出来そうです。

 

一見、派手な印象のアートワークだと思うんですが、身につけてみると意外にそうでもないってことも実感してもらえると嬉しいです。折角の夏ですし。

TAKORA_sanweb_Interview2.jpg

___柄のネーミングも面白いですよね。きのみゴ〜ロゴロ/おはなチュッチュ/こじまプ〜カプカ/たいぼくドッシドシ

太公良さんは作品にいつもこんな感じのお名前を付けているのですか?

 

タイトルを付けるときは、音がおもしいモノを無意識に選んでいます。擬音やポップな響きの言葉の組み合わせだとちょっとおかしさがありますよね。その間の抜けた感じが愛嬌があるなって思います。お客さんが声に出して「くすっ」となるような感じはこちらも見たい光景ですし。

  TAKORA_sanweb_Interview3.jpg

___それぞれの柄への想いや裏テーマとかありますか。

 

ファッションアイテムなので、使いたくなるシーンを勝手にイメージしていました。

 

きのみゴロ〜ゴロは、花火や縁日などで浴衣代わりに。

 

おはなチュッチュは、海外でバカンスをすごす街着に。

 

こじまプカ〜プカは、夏フェスで音楽を楽しむために。

ちなみにこの柄は、夏といえばレゲエ。レゲエと言えばジャマイカ。ジャマイカといえば島。というかんじの言葉遊びからアートワークができています。

 

___だから、こじまプ〜カプカなんですね! なるほど!

 

最後、たいぼくドッシドシは、アウトドアを楽しむために。

少々汚れてもベースが黒なので、安心という心配りもあります。

 

___裏テーマを伺うとまた違う発見がありますね。

 

太公良さんインタビュー(2)に続く

前回お知らせいたしました、キャンペーンの詳細をお知らせいたします!

steteco_journal____.jpg

steteco.com|ステテコ研究所では、“ステテコ”+“夏” の2つのキーワードを使って、
夏の想い出エピソードを大募集いたします!

あなたの夏の思い出エピソードを投稿してください。
エピソード(応募フォームから300字まで、Twitterから130字以内)を投稿していただくと、ご応募一覧ページ(後日公開)にエピソードが反映されます。

また、みなさまの思い出エピソードに「コメントを投稿してくださった方」にも
抽選で3名様に、steteco.comにちなんだ副賞(steteco.comオリジナルメモ帳セット)を進呈いたします。



キャンペーン特設ページはこちらから http://www.steteco.com/cpn

 

文章を書くのが苦手な方も、お得意な方も、夏休みに日記を書くように、エピソードを書いてみませんか。
素敵な夏のsteteco日記をお待ちしております! ぜひふるってご応募ください!

 

enamel.さんインタビュー(2)

[Art&Steteco PROJECT]参加アーティスト・インタビュー<第2弾> 

enamel. 石岡良治さん・石岡紗佑里さん

 

___今回のステテコの(キッズ商品も)おすすめの着こなしとか、こんなシーンで着て欲しいなどはありますか?

 

R:先程お話したように、遠くへ出掛けられるようなシーンをイメージしてデザインしたので、ぜひ遠くにステテコを履いて出掛けて欲しいですね。海外旅行とかにも履いてくれたら良いです!

 

___生地が薄いので、小さく畳めるから旅行に行く時にもぴったりですね。

 

あと、たまたま車に乗っている時に、「あの柄いいな〜」ってパンツを履いている人を見つけて、よくよく見たら自分たちの柄のステテコだった事があったんですよね(笑) 

ほんと、手前味噌なんですけども(笑)代々木公園でもレギンスの上からステテコを履いている男の子を見かけて、その履いてくれていた人たちは、色のポイントとしてステテコを履いてくれていたので、そんな風に着てくれたらベストですね。

 

___いつもお洒落なおふたりですが、おふたりの今回のステテコでおすすめのコーディネートは?

 

R:夏はそのままで履いてもらって、少し涼しい季節になってきたら、レギンスやトレンカの上から履いてもよいですね。そのレギンスは無地じゃなくて柄が入っているもので、柄に柄を重ねてもらったりとか! もちろん無地に合わせていただいても良いのですが、柄の重なりを楽しんで貰いたいので、オール柄みたいなコーディネートに挑戦して欲しいです(笑)

 

 S:私はTシャツを合わせがちなのですが、リラクシングウエアはもちろんですが、シャツやジャケットとかに合わせてもらって、ちょっと着崩した普段使いもいいと思います。ステテコをアクセントにして、普段から履いて欲しいです。

女の子はLサイズを履いて、わざとダボダボにしてもかわいいと思います。

 

___色々な組み合わせが出来そうですね。 電車に乗ってもコーディネートでステテコって分からないかもしれませんね。

 

       13pweb.jpg

___また、3年目でステテコについて改めて気付いたことはあります? 

もうないですかね(笑)

 

R:例えば最初は、仕事の同業者に最近どんな仕事しているのって聞かれて「ステテコだよ。」って答えると、えって顔をされる事が多く「実はすごく良いから履いてみてよ。」っておすすめしても「ふーん」って反応でした。

ですが、去年くらいからは、「そういえば、話題になっているよね。」って認知度が上がってきているのが、話をしていても分かって。

今年からは「ぜひ履いてみてよ。」と言うまでも無く、友人から「そろそろいつ買えるかな。」と連絡がくるようになって、周りの反応が変わったのが驚き半分、嬉しさ半分みたいな感じですね。

 

___わーそうだったのですね。 嬉しい反応ですね!

 

___ 昨年に引き続き、今年の[Art&Steteco PROJECT]のリーフレットとwebサイトのディレクションをenamel.さんにお願いさせていただきましたが、ステテコをすごくお洒落にコーディネートしていただきました。

全体的にどのようなコンセプトでディレクションをされたのでしょうか。

 

R:コレクションラインが古き良き昭和の感じが良く出ていて、ステテコに似合うストーリーで、求められるステテコの世界感ってこうだなと僕も考えていました。なので、それに対してどう新しい提案が出来るかとすごく考えていて、対比を見せるみたいな所に魅力を感じています。

全体的なストーリーはステテコを先入観で『ダサイ』と思っている人が、履いてみたら以外に良いねってなるみたいな感じに近いですね。 そういう意外な発見をするみたいなストーリーにしたいなと、言葉にすると大げさに聞こえてしまいますが、新たな発見を感覚的に感じてくれたら嬉しいです。

 

イメージは海外の人から見た日本の良さ、海外の人の方が抵抗なく日本のものを取り入れようとしているところがあると思うのですが、自分たち日本人が「はっ」とするような感じが出るといいなと思っていました。

 

___洋服のコーディネートも素敵ですよね!

 

R:そうそう!若手のブランドで、セレクトショップでもまだ入ってきたばかりのお店の人たちもまだ気付いていないような、新しいデザインのものを持ってきたのですが、それにステテコを合わせたら、逆にスマートで違和感の無いスタイリングが出来ました。

 

___こんな組み合わせもあるんだなって発見した気持ちになりました。

撮影の場所はどのように決められたのですか。

 

R:観光地ではない東京らしさがあるところがいいなと、海外の人に東京のどこが好きって聞いたらえって思うような所を答えるような感覚で、良い意味で東京らしい場所を選びました。

 

___最後に今後ステテコ生地でこんな事が出来たらというアイデアがもしありましたら、教えて下さい。

 

R:そういう話は互いによくしているのですが、ステテコって家族でお揃いで着ていたら微笑ましいみたいなところがあるので、お母さんがステテコ生地のワンピースで子供がステテコとか、セットのようになっているのもいいですね。

 

___今回のキッズシャツの撮影用に作っていただいたシャツのリボンもかわいかったですよね! 

 

ああ小物とかいいかもしれませんね。 あのリボンだと手ぬぐい代わりに、子どもが手を拭くのにいいかも(笑) 

 

___子どもならありかもですね。吸水性が抜群ですから。

 

 S:生地の特性を考えると手ぬぐいや首に巻くものもいいですよね。

日本の夏の風景としては、甚平とステテコは大人用も子供用も残していきたいですが、steteco.comとしては既に完成されている甚平よりはもう少し実験的に、シャツと甚平を持ち合わせたような男性も女性も一枚でさらりと着られるものができたらいいなって思います。ステテコ生地は、とても軽くて肌触りがすごくいいので、1枚で着られてラクチンってなったらよさそうですね。
 

___いいですね! ステテコって着ていると「ふ〜」ラクチンだってなりますし。

 

S:ねっ!うちも家族みんなで「ふ〜」ってなってますよ(笑) 

 

___お話しを聞かせていただき、どうもありがとうございました!

 

enamel.さんとのコラボアイテムは、steteco.comのオンラインショップで絶賛販売中。steteco.com TOKYO LABO エキュート東京店OSAKA LABO ルクア大阪店、または全国お取扱い店でもお買い求めいただけます。今年の夏はぜひ、ご家族でステテコを!!

 

enamel.さんインタビュー (1)

Art&Steteco PROJECT]参加アーティスト・インタビュー<第2弾> 

enamel. 石岡良治さん・石岡紗佑里さん

 

 

                   enamel.jpg

 

enamel.は、石岡良治と石岡紗佑里によるユニット。ファッションやインテリアなどのオリジナルプロダクトの制作や、アートディレクション、グラフィック・デザインをはじめ、プロダクト、パッケージ、テキスタイルデザインなどのクライアントワークを手掛けています。また、毎週火曜日にはアトリエを開放し、オリジナルプロダクトの販売を行っています。  

 

___2011年の[Art&Steteco PROJECT ]に参加していただいたアーティストさんの方々へのインタビュー。第2弾はenamel.の石岡良治さんと石岡紗佑里さんです。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

___[Art&Steteco PROJECT]というプロジェクトをスタートし、enamel.さんとは3年目のステテコですが、今年のデザインのテーマはなんでしょうか。

 

石岡良治(以下R):最初の年はステテコに対するマイナスなイメージや抵抗などを無くすように、街中で履いていただけるような、都会的なステテコをと考えていました。そこから今年は更に、街はもちろんですが、もっと遠くへ出掛けるシーンを考えながらデザインしました。

 

自分たちも、山や海、旅行など外でステテコを履いたら気持ちが良かったのがきっかけなのですが例えば、山へトレッキングに行ったり、自転車に乗ったり、海やフェスに行ったりなど、もっと色々なところへ出掛けて欲しいなって。

 

___アクティブな感じを今回はイメージされていたんですね! 

柄も今までより大胆にされましたよね! 

 

R:そうですね。外出を想定して、柄は色面積が大きい方が遠目に見た時に、発色がきれいなので、それを意識した柄にしていますね。あと、キャンプや山に登る時に、柄が派手目の服を着たりすると、テンションが上がりますよね。そんなふうに今回のステテコを着たら日常のリラクシングウエアとしても、外で履いても気分が上がるようになってくれたらいいな〜ってちょっと大胆な柄になっています。

                        enamelsama_.jpg

___なるほど。確かにちょっと遠くへ行く時は、普段と違う格好をして、気分を変えたりしますよね。

履いただけで、楽しい気持ちになりそうな今回のステテコ。 特に見て欲しいポイントはありますか。__hikepaddle

 

 R:よく見るといる! みたいなポイントがあるといいなと考えて、

山歩き、hikeの方には実はクマの柄が隠れています。

「山を歩いていたら、クマに遭遇しちゃった。」ようなお話を考えてもらえたら面白いなと。

paddleは泳ぐとか、漕ぐという意味があるのですが、ポイントに貝殻の柄を入れています。

気がつかなくもいいのですが、気がついたらあれって思ってくれたらいいなって…

その柄を慌てて最後に入れました(笑)

 

___クマと貝殻をはじめて見つけた時、ちょっと得した気分になりました(笑)

よく見たら、「おっ」と思う発見をすると、なんだか楽しいですね!

 

___そして、今回はプラスプロダクトとして、キッズ商品をデザインしていただきました! ふんわりしたスカートとポケット付きシャツ! 昨年も作っていただいた、キッズ商品今年はどんなコンセプトで取り組まれたのでしょうか。

 

                      15pweb.jpg

 

石岡紗佑里(以下S):子ども服は去年が3歳くらいの想定だったので、今年は4〜6歳用を!とちょっと成長した子どもに似合うようなものを考えました。

ステテコ自体が和の素材なので、キッズは和と洋の中間のような存在としてその形を、ギミックを使って出来たらなと思いました。和服すぎず、ちょっと洋服を意識して…

パターンは、生地をペターンと畳めるのが気持ちいい生地だったので、平面のパターンにしました。

あと、切り返しで柄を合わせて、柄と柄を重ねた面白さみたいなのを出し、パッチワークのようにしています。そのパッチワークに機能性を待たせてポケットにしたりして、柄の重なりを意識しました。

全体的な型は、昨年のキッズステテコは脱ぎ着が簡単なものにしたのですが、今年は脱ぎ着を、子ども自身が楽しめるようにと考えた型になっています。

 

___実際にモデルの子どもたちも早く着たい!って楽しそうでしたよね。 

あ〜いろんな子どもに着せたいなって見ていました。

 

 S:ああ、嬉しい、良かったです。

それに、ステテコ生地自体がたくさん汗を吸い取ってくれるので、たくさん動く子どもにぴったりなんですよね。

プレゼントにも。とてもおすすめです!

 

ワンピースは、広げた時に丸く円を描くように広がり、
シャツは身幅がゆったりしているので動きやすく、
大きなポケットもついています。
 
プレゼントをした時に「回るとスカートが水平に広がるよ。」とか、
「シャツは、拾ったどんぐりをいっぱい詰めることが出来る大きなポケットがついているよ。」
みたいな会話が生まれたらいいなって。プレゼントするシーンを考えながら作ったので。ぜひ!

 

___女の子はスカートを履くと、くるくる回るのが好きですよね。

履いたらワクワクしてくれそうですね。

 

S:そうなんですよね!

撮影でも試着したモデルの女の子が、早速回っていましたね。

モデルの男の子も撮影後、シャツのポケットに手を入れていて、わー良かった! 

嬉しいってなりました。 

 

___期待した反応が早速返ってきましたね!

 

 enamel.さんインタビュー(2)に続く

 

steteco.com(ステテコ研究所)では、「ステテコ」、「夏」、2キーワードを

使って、夏の想い出エピソードを8月18日(木)〜9月19日(月)まで大募集します! 

steteco_journal.jpg

想い出の夏休み。のんびりと流れるやさしい時間。

庭に咲く季節の草花や、きれいに剪定された植木、広間の畳やらんまなど、

日本の家屋によく見られた、昔ながらの「住まいのかたち」。

そんな懐かしい暮らしの良さを、今年は節電やエコを通して

考えられた方が増えたのではないでしょうか。

昔ながらの知恵と工夫が詰まった機能アイテム「ステテコ」にも

注目して下さった方、その履き心地を実感して下さっているみなさまに

感謝の気持ちを込めて、ステテコプレゼントキャンペーンを開催!

 

文章を書くのが苦手な方も、お得意な方も、夏休みに日記を書くように、

この夏のエピソードを書いてみませんか。

素敵なsteteco日記をお待ちしております! 

Twitterなどからもご参加いただけます。

詳しくは8月18日(木)に発表いたします! ぜひご参加を♪

 

 

『あぜ道のダンディ』公開記念キャンペーン

"ステテコ・ダンディ"写真大募集!へたくさんのご応募ありがとうございました。

visual-web.jpg

『あぜ道のダンディ』のようなこわもてのお父さん写真、幸せな家族写真……
それぞれの素敵な写真が送られてきました。
 
その中から厳選な選考の結果、「優秀ダンディ賞」に選ばれた3名様を発表いたします!
 
 
 
 
「優秀ダンディ賞」最優秀賞/とんとんさん
 
 
steteco-dandy.jpg
 
◎エピソード:今年の父の日にステテコを贈りました。
父は子供の頃、『欲しくてたまらないけど手に入れられなかった』ヘリコプターのラジコンをやっと手に入れ、小学61年生のラジコンライフを満喫しています。
 
 
 
 
「優秀ダンディ賞」
他2名、みらいさん、たこ吉さん
 
 
 
受賞された方にはsteteco.comオリジナルの扇子とステテコのセットをプレゼントさせていただきます。
最優秀賞のとんとん様には2セット贈らせていただきます!!
※プレゼントのお届けは8月中旬を予定しております。 今しばらくお待ち下さい。
 
 
steteco.comでは、今後もみなさまにご参加いただける楽しいキャンペーンを企画中!
引き続きご利用いただきますよう、 よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 

 

steteco_rakugo_ttl.jpg
※こちらの映像の公開は9月23日で終了いたしました。ステテコ研究所tower(タワー)施設の竣工を記念致しましてスペシャルコンテンツをお届け致します!!
今年の6月にURBAN RESEARCH京都店さんの地下1Fギャラリーショップ内にて行われた「第2回 steteco.com落語会 〜噺と太鼓とステテコと〜」。昨年に引き続き出演していただいた、笑福亭たまさんによる落語に、今年は木村優一さんと政本憲一さんによる和太鼓演奏も加わり、50名を越えるお客様に京都の夏の夜をお楽しみいただきました。
その際の貴重な映像を期間限定(2011年9月23日迄)にて公開致します。 是非、ステテコを穿いてくつろいでいただきながら、日本の伝統文化の魅力をお楽しみ下さい!!

笑福亭たま
笑福亭たま
大阪府貝塚市生まれ。京都大学経済学部卒業。平成10年4月、「笑福亭福笑」に入門。平成15年、大阪舞台芸術新人賞。平成16年、文化庁芸術祭新人賞大阪文化祭奨励賞。平成20年、第2回繁昌亭輝き賞。平成21年、第4回繁昌亭創作賞。平成21年、第46回なにわ芸術祭新進落語家競演会新人奨励賞。平成22年、咲くやこの花賞。平成23年、第48回なにわ芸術祭新進落語家競演会新人賞、大阪市長賞、大阪府知事賞、大阪製紙賞受賞。 毎週土曜日12:00〜12:55 KBS京都(テレビ)「笑福亭たまの蛤御門市場」放送中。
>> 笑福亭たまオフィシャルサイト


木村優一
木村優一
高校在学中に和太鼓に出会い、阪神淡路大震災で被害を受けられた方がたへの激励演奏により、演奏活動を開始。数多くの海外公演や、和太鼓の第1人者、林英哲のサポートメンバーを務めたほか、関西を拠点に活動する「松村組」で創設の頃より16年間中心メンバー及び演出家として活躍した後、2011年に独立。他ジャンルとのコラボレーションを精力的に行うほか、和太鼓の良さを伝えるために日本各地で教授活動も行っている。平成22年兵庫県坂井時忠音楽賞受賞。和太鼓の潜在された魅力を最大限に引き出せるアーティストとして注目を集めている。
>> 和太鼓奏者 木村優一


 この度7/30(土)より、「steteco.com」によるエキシビションをアーバンリサーチ渋谷店さんにて開催していただいております。

京都でも旋風を巻き起こした?! steteco.comが独自に開発した展示用の特大ステテコ「メガテコ君」も期間中はUR渋谷店さんのウィンドゥに初登場しております!


更には2011年の新作ステテコに加え、お問い合わせが殺到した、カーゴタイプのアーバンリサーチさん別注ステテコ、その名も「カゴテコ」もこのエキシビションに合わせて再発売致します! ぜひこの機会にお手に取ってご覧下さい!


また期間中にステテコ商品をお買上げのお客様先着100名様に人気イラストレーター「松本春野さん」による描きおろしの『Go! Go! MEGATECO!!』特製ZINE(小冊子)をノベルティとしてプレゼント(※)!! ピースフルな松本ワールドによるメガテコ君の世界を巡る大冒険をどうぞお楽しみ下さい!

※無くなり次第ノベルティプレゼントは終了とさせて頂きます。 ※店頭でのご購入が対象となります。

タイトル:「steteco.com in UR SHIBUYA 〜メガテコくんが渋谷にもやってきた〜」
開催期間:7/30(土)〜8/15(月)
場所 :アーバンリサーチ渋谷店(03-5468-6565)   

いよいよ夏本番! ステテコが大活躍する季節になりました! 

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

ページトップへ