English

研究本部 開発日誌

第2回steteco.com落語会の模様を公開!(終了)

steteco_rakugo_ttl.jpg
※こちらの映像の公開は9月23日で終了いたしました。ステテコ研究所tower(タワー)施設の竣工を記念致しましてスペシャルコンテンツをお届け致します!!
今年の6月にURBAN RESEARCH京都店さんの地下1Fギャラリーショップ内にて行われた「第2回 steteco.com落語会 〜噺と太鼓とステテコと〜」。昨年に引き続き出演していただいた、笑福亭たまさんによる落語に、今年は木村優一さんと政本憲一さんによる和太鼓演奏も加わり、50名を越えるお客様に京都の夏の夜をお楽しみいただきました。
その際の貴重な映像を期間限定(2011年9月23日迄)にて公開致します。 是非、ステテコを穿いてくつろいでいただきながら、日本の伝統文化の魅力をお楽しみ下さい!!

笑福亭たま
笑福亭たま
大阪府貝塚市生まれ。京都大学経済学部卒業。平成10年4月、「笑福亭福笑」に入門。平成15年、大阪舞台芸術新人賞。平成16年、文化庁芸術祭新人賞大阪文化祭奨励賞。平成20年、第2回繁昌亭輝き賞。平成21年、第4回繁昌亭創作賞。平成21年、第46回なにわ芸術祭新進落語家競演会新人奨励賞。平成22年、咲くやこの花賞。平成23年、第48回なにわ芸術祭新進落語家競演会新人賞、大阪市長賞、大阪府知事賞、大阪製紙賞受賞。 毎週土曜日12:00〜12:55 KBS京都(テレビ)「笑福亭たまの蛤御門市場」放送中。
>> 笑福亭たまオフィシャルサイト


木村優一
木村優一
高校在学中に和太鼓に出会い、阪神淡路大震災で被害を受けられた方がたへの激励演奏により、演奏活動を開始。数多くの海外公演や、和太鼓の第1人者、林英哲のサポートメンバーを務めたほか、関西を拠点に活動する「松村組」で創設の頃より16年間中心メンバー及び演出家として活躍した後、2011年に独立。他ジャンルとのコラボレーションを精力的に行うほか、和太鼓の良さを伝えるために日本各地で教授活動も行っている。平成22年兵庫県坂井時忠音楽賞受賞。和太鼓の潜在された魅力を最大限に引き出せるアーティストとして注目を集めている。
>> 和太鼓奏者 木村優一


ページトップへ