English

研究本部 開発日誌

研究所員が身を挺して自腹で、steteco.comの直営店にて買い物をするコラム第2回。今回もLABOで販売している商品を実際に自腹で購入して使い心地や、気付いた事などを買い手として、赤裸々に書いていこうと思う。

 

第2回 more treesのうちわ 

「木の香りゆたかなうちわで涼を得るの巻き

暑い夏もついに本番がやってきた! しかも今年はこれから猛暑が続くらしい。なんてこった!

へばってしまいそうな毎日に、自然な凉を身近に感じられる「more treesのうちわ」がsteteco.com LABOにあるという。

 

Hikarie5.jpg

ヒノキスギ」で出来たうちわで、扇げばそれはそれは、優しい木の香が漂うそうだ。

 

実際に「more trees」うちわを買いに今回はsteteco.com SHIBUYA LABOに潜入した。

Hikarie_7.jpg

 

店内の女性マネキンの横にうちわを発見! 店長の三澤さんに声を掛けてみた。

Hikare.jpg

実物を見て、思わず.…「卓球のラケット?」

「よくお客様にも言われます(笑)」と店長。

「どんなお客様が買って行かれるの?」 

「男性の方が多いですよ! お家だけじゃなくて、会社でも使おうって仰る方も。」

ふ〜ん男性が多いのか。 確かに木目や、焼き印されたグリップはかわいいより、かっこいい感じだ。

試しにちょっと扇いでみた、ら、びっくり! すごくいい木の香りがする!!

こりゃいい香りだ〜っ」と大きな声が出てしまった。

「そうなんです、シンプルなうちわですが、この香りに癒されます。」

うん。うん。 しかも全て木で出来ているのに、驚く程軽く、グリップも滑らかで持ちやすい

うちわを購入して、軽い足取りで「渋谷ヒカリエ」を後にした。

 

外に出ると、むぁ~っと暑い! なんてこった!!

身体が火照る。このまま研究所に戻ると業務に支障をきたしそうだ。いや、確実に支障をきたす。

帰り道、うちわを片手にした私は導かれるように、とある老舗の甘味処に吸い込まれていった。

Hikarie8.jpg

はっきり言う。私はここの宇治金時が好きだ。

喉をすり抜ける涼しさと、うちわを扇ぐ涼しさで日本の夏を満喫する。

それにしても、結構扇いだのに、全然疲れない。。。

このうちわについてもっと興味が湧いてきた。

 

研究所に素知らぬ顔で戻ってから、うちわについて調べてみた。

それによると…”more trees" という字のままに「もっと木を」というコンセプトで、音楽家 坂本龍一さんの呼びかけで設立された森林保全団体が、健やかな森を維持するために日本国内にて間伐したスギとヒノキからこのうちわを作っているらしい。

思っていた以上にECO!なうちわであった!

しかも、うちわの売上の一部はmore treesが被災地支援企画「LIFE311」として立ち上げたプロジェクトから被災地の方々に寄付されるそうだ。

なんとも、素敵な商品だなぁ〜

ちょっとECOな話を社内や、友人と話ながら扇ぐのも良いかもしれない。これから使い続ければ木が持つ独特の風合いに渋みがますだろうし、使い続けて渋いうちわにしていこうと思う。

今年のsteteco.comコレクションのテーマは“ 森 ”である。森の中の風を感じるこのうちわを扇ぎながら、今季のステテコを穿いて夕涼みなんてのも、なかなかオツではなかろうか。次は、ビールと共に試してみようと思う。 (終)

 

 

• more treesのうちわ お取り扱い店舗

steteco.com TOKYO LABO エキュート東京店  

steteco.com OSAKA LABO ルクア大阪店

steteco.com SOLA LABO 東京ソラマチ店

steteco.com SHIBUYA LABO 渋谷ヒカリエ ShinQs店

※SHIBUYA LABOは8月末までの期間限定店です。

 

2012・別注ステテコNEWS(vol.1)

いよいよ夏本番! 部屋着やくつろぎ着はもちろん、夏休みの旅行のお供にステテコはいかがでしょうか。 旅行先の部屋着にすぐに乾いて、小さくまとまる軽いステテコがあると便利ですよ!

さて、今年別注でおつくりしました商品をご紹介してまいります。第一弾は、本質的価値あるデザインを追及し、大人のライフスタイルを提案するセレクトショップCIBONEさんと、 旅先で出会う楽しいハプニングのようなアイテムを提案しているブランド  MARCOMONDE(マルコモンド) さんとsteteco.comが3者でコラボした新たなステテコです。 CIBONEさんでしか購入出来なかったアイテムを、steteco.comの直営店本日から販売をスタートいたします!     

 

CIBONE_sama1.jpgCIBONE_sama2_.jpg

Waves color : ブルー×レッド、サックス

CIBONE_sama3.jpg  CIBONE_sama4.jpg

Umbrella color : グレー、ベージュ

 

MARCOMONDE for steteco.comのステテコ、お取り扱い店は下記になります。  (少量の入荷となりますのでどうぞお早めに!)

steteco.com TOKYO LABO 

OSAKA LABO  

SOLA LABO  

steteco.com online shop

お近くにお越しの際は、ぜひぜひお手に取ってご覧ください!  

※ その他、CIBONEさん限定販売の色味も2色ございます!!!  お取り扱いの有無は CIBONEさん、CIBONEさんの関連店舗 (TODAY'S SPECIAL, SOUVENIR FROM TOKYO)  にお問い合わせ下さい。

現在、steteco.comはJR大宮駅の ecute大宮 に期間限定ショップを7月31日(火)まで出店しています!

omiya_3.jpg
 
 
 
中央改札(南)の駅改札を入ってすぐそこ!
omiya_1.5.jpg
色とりどりのステテコが並びます。
 
 
omiya_2.jpg
日本の風土に適した伝統アイテム"ステテコ"の他、日本の伝統に根ざし、かつこれからのライフスタイルにマッチする機能性・感性に優れたプロダクトや、日常を楽しく和ませるグッズを揃えております。
 
大宮駅をご利用の際は、ぜひお立ち寄り下さいませ! 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7月17日(火)〜7月31日(火)まで
土 9:3022:00  日・祝 9:3020:30
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
常設店、steteco.com TOKYO LABOOSAKA LABOSOLA LABOも引き続き宜しくお願いいたします!

 

steteco.comが運営する直営店は、ステテコ研究所内にある売店をイメージしたセレクトショップ。ステテコはもちろん、ステテコのある暮らしを彩る雑貨も所狭しと並んでいる。  「えっステテコだけじゃないの?」と、直営店がどんなお店かご存知じゃない方もまだまだ多いはず! そこで、研究所員が身を挺して LABOで販売している商品を実際に自腹で購入して使い心地や、気付いた事などを買い手として、赤裸々に書いていこうと思う。 

 

 

第1回 fireworksの花火 

「家族や友達、恋人と一緒にオリジナル花火大会開催の巻」

夏と言えばやっぱり花火! 
花火のセレクトショップをコンセプトにしたプロジェクト「fireworks」は、よく見るセット売りの花火それとは全く違った、素敵な家庭用花火をバラ売りで販売している。
 
Fireworks_8.jpg
 
 
 

Fireworks_11.jpg

実際に「fireworksの花火」を買いに、今回は「steteco.com SOLA LABO」に潜入した。

 

Fireworks_2.jpg

店内の中央、色とりどりの花火が並ぶ、 店員の橋本さんに声を掛けてみた。  

花火は入荷したばかりだと言う、「これからの季節に花火はぴったり、きれいな色が揃っていますよ」  ふむふむ、確かにキャンディーのようなPOPな色だ、選んでいるだけで楽しい。  「1つ1つの花火に、面白い名前がついています」 おぉよく見るとそれぞれに、意味や特徴も書いてある。 どんな花火が楽しそうかな?

 

 

fireworks_pop_1.jpg   fireworks_pop_2.jpg

橋本さんおすすめの花火「ファイヤーボール出せます」と、びびっときた「ヴィジュアル系花火」を購入。  

とにかくド派手にきめてみた!

実際にやってみよう ー!

 

 

某公園にて

Fireworks_4.jpg

まずは、「ファイヤーボール出せます」ちょっと高めに花火を掲げると、1本だけでもかなりの存在感…途中から、ファイヤーボールならぬ火の玉も飛び出してきて、テンションが上がる。こりゃ見た目以上に派手なやつである。

 

 

 

Fireworks_12.jpg

「ヴィジュアル系花火」を続いて点火。 あれ? 予想に反して、かわいい感じだ。  うーん 地面にさしてみたら、どうだろ?

 
 

Fireworks_9.jpg

なかなか、火がつかない、 一気につけられるだろうか。 

 

 

Fireworks_1.jpg

花火のお花畑完成。これはかわいい!

噴出時間も長いから、しばし幻想的な気持ちになる。 まさに「ヴィジュアル系花火」である。  

 

いつも花火をする時、花火をする事自体にはワクワクする。 でも花火選びはスーパーや、コンビニでセットの花火をつい購入して花火自体に着目してなかったなぁ  

色とりどりの花火の中から、1つずつ吟味して「どんな花火が楽しいかな」 「やっぱり締めは線香花火だよね?」と花火を始める前から、楽しかった。 夏の思い出に、自分たちだけの花火大会を開催する、いつもの花火が特別な想い出になる予感がした。そしてもちろん、花火の時はステテコを穿いていこう。そう思った。 (終)

• fireworksの花火お取り扱い店舗

steteco.com TOKYO LABO エキュート東京店  

steteco.com OSAKA LABO ルクア大阪店

steteco.com SOLA LABO 東京ソラマチ店

 

ページトップへ