English

研究本部 開発日誌

「steteco.com meets iwate」レポート ー東京駅に行ってきました!ー

丸の内駅舎の復元工事が完成して、ますます注目スポットになった東京の玄関口、東京駅。

カメラを片手に写真を撮る人や、ビジネスマン、旅行者、多くの人が行き交う東京駅の人混みをすり抜けて、駅の構内にある、steteco.com TOKYO LABOを訪れた。

 

TOKYO_1.jpg

今月18日からはじまった、「steteco.com meets iwate」の催事の様子を見に来たのだ。

 

TOKYO_2.jpg

ぱっと、漆の赤を思わせる赤い色が目に入ってきた。棚にずらりと、岩手の職人さんたちが作り上げた品々が並ぶ。

店長の中川さんに話しかけてみた。

 

TOKYO_3.jpg

「南部鉄器や、六原張り子、ホームスパン、いつもとちょっと違う店内、良い雰囲気ですね。今回の催事はどんなところが、おすすめですか?」

中川:「全部おすすめですよ(笑)新作の六原張り子もかわいらしいです。(木のタイヤ付き 鯛のNEW張り子を持って、ニコリ)

 

TOKYO_4.jpg

中川:「他にも、今回はカラーの鉄瓶が入荷しました。 実用的な事はもちろん、お部屋のインテリアのポイントにも良いと思います。鉄瓶で入れたお茶は、まろやかでおいしいと外国の方にも人気ですよ。」

「へぇ。日本土産としても良さそう。ビビットなカラーや、シックな色味、シンプルな黒もかっこいいし、迷ってしまいますね。」

 

TOKYO_5.jpg

中川:「都内でこれだけ、岩手県の商品が一同に並んでいるのは、この時期はTOKYO LABOのみになっています。ぜひこの機会に、岩手県の職人さんのものづくりへの想いを感じに、来ていただきたいです。」

中川さんとお話している間に、六原張り子の猫がお客様の元へ旅立っていった。1つとして同じものがない、確かな職人さんたちの技と想いを、少しでもこの催事で伝えられたらと思う。

 

 

「steteco.com meets iwate」

 会期:118日(金)〜128日(月)     

開催場所:steteco.com TOKYO LABO        

(JR東日本 東京駅構内 1Fサウスコート内)    

 
※OSAKA LABOは2月16日〜24日巡回予定!  詳細が決まり次第、お知らせいたします。   

 

 

A_iwate_KV_.jpg

 

*steteco.comは岩手県を応援します*

主催:岩手県  /  steteco.com  

協力:株式会社メソッド  

出展者:及源鋳造 株式会社(南部鉄器)/  艸工房(浄法寺漆器) / 佐秋鋳造所(南部鉄器)/ さわはん工房(六原張り子) / 滴生舎(浄法寺漆器)/ 株式会社 日本ホームスパン(ホームスパン)/ 工房和秋(南部鉄器)

クリエイティブ・ディレクション:山田遊(method)  

アート・ディレクション :加藤智啓(EDING:POST)

 

 

 

 

 

ページトップへ