English

研究本部 開発日誌

須藤玲子さんインタビュー(2)

[Art&Steteco PROJECT]参加アーティスト・インタビュー<第1弾> 

NUNO WORKS 須藤玲子さん

 

___今回の新しいステテコのおすすめの着こなしとか、こんなシーンで着て欲しいなどはありますか?
 
墨染めは、お祭りにとかどうかしら?そして、モノトーンなので、トップにカラフルな色彩を組み合わせると素敵です。ターバンは、カラフルで海辺にぴったりでしょう?かご細工は大きい柄ですが、単色なので、ショートパンツの下に重ね着すると楽しいです。
 
 ___いいですね。この夏、部屋着だけではなくて、色々なシーンで活躍してくれそうですね。 夏祭りで、墨染めのステテコを見かけたら感動しちゃいそうです。 

 

 

 

 ___最後に、ステテコはまだまだいろんな切り口があって、そこが難しいところでもあり楽しいところでもある、とっても可能性を秘めているものだと思っているのですが、NUNO WORKSさんにとってステテコの魅力はどんなところですか?

 

まず、老若男女だれにでも着用できるプロダクトであることです。Tシャツやジーンズのような感覚で、もっと広く、おしゃれに着用できる可能性があると思います。重ね着のアイデアをいろいろ考えてみたいと思っています。

 

___そう言っていただけて、嬉しいです! 重ね着のアイデアもぜひ今後伺いたいです。

今日はお忙しい中、お時間をとっていただき、大変勉強になりました。どうもありがとうございました。

 

NUNO WORKSさんとのコラボアイテムは、steteco.comのオンラインショップで絶賛販売中。steteco.com TOKYO LABO エキュート東京店OSAKA LABO ルクア大阪店でもお買い求めいただけます。人の手の跡が残り、普遍的な"布"の力に満ちたステテコをぜひご覧ください。

 

■steteco.com[Art&Steteco PROJECT] http://www.steteco.com/asp2011/

■NUNO WORKS http://www.nunoworks.com/index.php

 

須藤玲子さんインタビュー(1)

Art&Steteco PROJECT]参加アーティスト・インタビュー<第1弾> 

NUNO WORKS 須藤玲子さん

 

               

 

NUNO WORKSさんは、"株式会社 布"から、2002年にスタートしたブランド。様々な捺染技法を駆使し、熟練の職人さん達との恊働により、色鮮やかな布地を制作されています。そしてその独創的なテキスタイルの数々は、六本木AXISビルにある直営店で販売されています。日本には、古くから培われた豊かな技法を持つ、テキスタイル(染織)の産地が数多く残っていて、NUNO WORKSさんは、そうした日本の産地にこだわり、古くからの技法、新しい素材、新しい技術を組み合わせ、布づくりをおこなっています。

 

___2011年の[Art&Steteco PROJECT ]に参加していただいたアーティストさんの方々へのインタビュー。第1弾は株式会社 布の取締役であり、ニューヨーク近代美術館を始め、海外の美術館に作品が永久保存されるなど世界的な評価も高い、テキスタイルデザイナーの"須藤玲子"さんです。どうぞ宜しくお願い致します。

 

 ___今年は[Art&Steteco PROJECT]という新しいプロジェクトをスタートし、NUNO WORKSさんとは2年目のステテコですが、どんな風に挑んでいただいたのでしょう?  

 

steteco.comは、「古き良き日本の生活」、伝統の和をテーマにスタートしていると思います。ステテコそのものがまさに日本の蒸し暑い夏を気持ちよく過ごす為にうまれたプロダクトですよね。私が子供の頃は、ステテコ姿のおじさんが自転車に乗っていたり、縁台で涼んでいたり、そんな光景が当たり前だったのです。もちろん、野暮ったくて、おじさん臭い、ダサイ大人の代名詞だったのですけどね。でも今は、若い人もおじさんも、バミューダやサッカーパンツをはいているでしょう? スポーティーね?とか評価されることもあるようだけど、野暮ではないけど、決してかっこ良いとも思えない。楽しくない、そして、サッカーパンツなんかはポリエステル、快適とは言えないと思うわ。

 

 と、前置きが長くなってしまったけれど、とにかく私達が興味をもったのは、琵琶湖のほとりで19世紀頃から織り続けている「高島ちぢみ」です。steteco.comのステテコで使用しているこの生地は、綿糸に強い撚りをかけ、均等に楊柳シボをつくる工程に熟練技術が必要と聞いています。この日本の伝統的なテキスタイルに現代的な機能と楽しさを加える、そんなプロジェクトにしたいと想い取り組んだのです。

 

___今年もsteteco.comの考え方や、ステテコの生地に魅力を感じてくださったのですね! 光栄です。

 

___NUNO WORKSさんのパターンデザインは全て、スタッフの皆さんが全員、"手で描く""手で作る"ことにこだわっていらっしゃるそうですが、今回一番こだわった点はどこでしょうか。

 

今回のテキスタイルは、手のタッチをできるだけ残したデザインにしています。「ターバン」は、色紙を手で丁寧にちぎってパターンをつくっています。よく見ると、パターンの端がギザギザしていて、指先の動きが見えるようでしょう?「かご細工」はクレヨンで勢い良く描いた自由なデザインです。私達が描いている息づかいが伝えられたらいいな、と思っています。

 

 

___なるほど。 確かによく見ると、手で描いている勢いのようなものを感じますね。

 

 

___また、今回はプラスプロダクトとして、手描きによる墨染めのステテコを作っていただきました! 独自のにじみやかすれが、1枚ごとに表情を変えて表現されていて、数量限定、製品ロットNo.付きの本当に特別な1品ですね。

手描きによる墨染めのステテコを作るのに苦労された点やエピソードを教えてください。

 

「墨染め」は、私を含めNUNO WORKSのデザインスタッフ4名が、丁寧に手描きして仕上げました。筆の刷毛目と、にじみがデザインの特徴の限定品です。墨は「松煙墨」を硯ですったのです。ステテコ研究所の方も墨作りを手伝っていただきましたが、想像以上に大変だったのでは?(笑)

 

 

___はい。筋肉痛になりました(笑)でも何も考えずに墨をするとういう時間が結構新鮮で楽しみながらさせていただきました。

 

 

 

 

染色そのものの起こりは、手をかざして上から黄土などの土を振りかけてパターンを描いた古代壁画にあります。とても素朴ですが、発見した人の喜びを考えると興奮しますよね。こんなに簡単に「私だけの一品」が染められる、そんな想いを込めました。ステテコの無地に、いたずら書きしてみたい、と思う方が出てくるのではないかしら?

 

___確かによりオリジナル性の高いステテコ・・・自分だけのステテコがあったら、素敵ですね!

 

 須藤玲子さんインタビュー(2)に続く

 ■steteco.com[Art&Steteco PROJECT]  http://www.steteco.com/asp2011/

■NUNO WORKS http://www.nunoworks.com/index.php

 

 

 

ecute立川・品川に期間限定ショップ

8 月31日(水)まで、"エキュート立川"の3階にsteteco.comの期間限定ショップを出店中です。日本の風土に適した伝統アイテム"ステテコ"の他、日本の伝統に根ざし、かつこれからのライフスタイルにマッチする機能性・感性に優れたプロダクトや、日常を楽しく和ませるグッズを揃えております。

ステテコファミリーのマネキンが登場!

 

 

「まかないこすめ」

「谷中 松野屋」

今回「まかないこすめ」さん、「谷中 松野屋」さんの商品も多数お取り扱いしており、

より賑やかな売り場になっています。

 

立川駅をご利用の際は、是非お立ち寄り下さいませ! 東京駅の常設店、steteco.com TOKYO LABOOSAKA LABOも引き続き宜しくお願いいたします!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

steteco.comはこの夏、"エキュート品川"(7月25日(月)〜8月14日(日)まで)にも期間限定で出店します! 

こちらもお近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

暑い日が続いております。 ステテコが活躍する事間違いなしです。

老若男女問わずステテコを履いた

この心地よさに触れていただけたら嬉しいです。

 

steteco.comオリジナル扇子発売!

steteco.comのアートワークを手がける Ryu Itadani と京扇子の老舗 宮脇賣扇庵 とのコラボレーションによるsteteco.comオリジナルの扇子が今年も誕生しました!

“Relaxing Moment”をテーマに描かれた新作 ” Taki "。

 

           

そして、2009年から発売された“Asa_Gao"も再販致します!

        

 ※  今回再販分の"Asa_Gao"は、親骨部分のロゴマークの色味が変更となっております。

ステテコと扇子で粋に夕涼みなどいかがでしょうか。
節電で暑くなったオフィスや電車の中でも活躍してくれそうです。

-----------------------------------------------------------------------------

 現在、 steteco.comオリジナルの扇子は下記のショップでお買い求めいただけます。

steteco.com online shop

steteco.com TOKYO LABO エキュート東京店

steteco.com OSAKA LABO ルクア大阪店

 

 

 

 

 

Art & Steteco PROJECT 2011スタート!

 昨年に引き続き、アーティストの方々と共にステテコの更なる可能性を模索・探求するArt&StetecoPROJECTが今年もスタートしました!

HIROCOLEDGE&Co.さんenamel.さんNUNO WORKSさんのお三方に加え、

今年からヴィジュアルクリエーター TAKORAさんも参加していただき更に

魅力的な商品が揃いました。

暑い夏に、リラクシングウエアはもちろん、海やビーチ、山、フェスなどでも活躍しそうな、ファッショナブルなステテコに仕上がりました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎円と直線のミニマムなモチーフを使って、"今、この時代から始まる伝統文化"を独自の視点で表現するHIROCOLEDGE&Co.(高橋理子)さんとは、和と洋をボーダレスに捉えたステテコを。

◎ファッションやインテリアのデザイン・ディレクションを手がけるenamel.さんとはファッションとして面白いステテコを。

大胆でモダンなデザイン、思いきった色使いのテキスタイルが特長のNUNO WORKSさんと

は、人の手の跡が残り、普遍的な"布"の力に満ちたステテコを。

ファッションから紙媒体まで手がけるヴィジュアルクリエーター TAKORAさんとは、POPで物語を感じることができるステテコを。

 

 更に、ステテコのあるライフスタイルを提案する

product(プラスプロダクト)」も展開していきます。

ナップサックや、キッズワンピース・シャツなど、綿クレープを使用した素敵な作品をぜひチェックしてみて下さいね。

それぞれのアーティストの感性が活かされた"新しいステテコのカタチ"を、どうぞお楽しみ下さい。

 現在、コラボステテコは下記のショップでお買い求めいただけます。

steteco.com online shop

steteco.com TOKYO LABO エキュート東京店

steteco.com OSAKA LABO ルクア大阪店

 

 

 

ページトップへ